ホワイピュア 口コミ 効果 は?
ジェイフロンティア くすりの健康日本堂
シミ そばかす 消す 医薬品

多岐川裕美 華子さんがCMする
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)は
シミ そばかす を消すために
内側から働きかける
医薬品 飲み薬です。

多岐川裕美 華子さんのホワイピュア

 

ホワイピユア(ほわいぴゆあ)は
ビタミンC(アスコルビン酸)
L-システイン、ビタミンE
ビタミン類の相乗効果で
シミの原因である
黒色メラニンの発生を防ぎ
内側からシミやそばかすをケアします。

 
ホワイピユア(ほわいぴゆあ)は
産後からできた
顔のシミをケアしたくて
飲み始めました。

 
子育てをしていると
太陽にあたる機会が意外と多くて
紫外線ケアにも十分注意しているつもりでしたが
シミやそばかすみたいな小さなしみが
だんだん増えてきているように感じていました。

紫外線ケアは気をつけてはいますが
うっかり日焼けも多くて
このままではどんどんしみが増えていく・・
危機感を感じてシミを消す薬を
飲んでみようと思いました。

 
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)は
ビタミンC(アスコルビン酸)
L-システイン、ビタミンEの
相乗効果で
シミの原因である
メラニンの発生を防ぎます。
 

ホワイピュア(ほわいぴゅあ)は
1日2回飲むだけでいいので
忙しくても続きそうです

詳しくは⇒シミのお薬 ホワイピュアを見る

 

 

ホワイピュア 特徴

シミやそばかすに悩んでいる
メイクで隠しているけど
すっぴんを見られたくないなど
肌の悩みでよく聞かれるシミは
人知れず気にしている女性や
実は男性でも気にしている方が多いです。
 

女性はある程度
メイクや化粧でカバーすることはできますが
コンシーラーやファンデーションの
厚塗りになって
美しいものではありません
 

それに、シミは顔だけでなくて
手の甲や首、
日焼け止めが塗りにくい背中など
自分が気が付いていない部分にも
シミができてしまっていることも。

手や背中にできるシミは
メイクでも隠せないので
見てみぬふりしかない…

 
そんな悩みに
飲んで内側から効く
シミやそばかすケア
シミを消す医薬品・お薬があります。

ホワイピュア

 

シミを消す医薬品・お薬として
今、スキンケア大学や
女性誌などで注目を浴びているのが
ジェイフロンティア と
くすりの健康日本堂 の
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)

ジェイフロンティア と
くすりの健康日本堂 の
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)は
多岐川裕美さん華子さん親子も
注目している医薬品です。
 

ジェイフロンティア と
くすりの健康日本堂 の
ホワイトピュアは
1000mgのビタミンCと
メラニンの生成を抑える
L-システインを配合。

ビタミンCとエルシステインは
シミケアには欠かせない成分ですが
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)には
きてしまったメラニンの沈着を防ぐ
ビタミンEも配合していて
これからできるしみにも
効果が期待できます

 

ホワイピュア(ほわいぴゅあ)の
成分・分量(1日量 6錠中)

アスコルビン酸(ビタミンC)・・1,000mg
L-システイン・・240mg
リボフラビン(ビタミンB2)・・ 6mg
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)・・12mg
コハク酸d-α-トコフェロール
(天然型ビタミンE)・・ 50mg

※添加物として、トウモロコシデンプン、
結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、
メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、
ステアリン酸マグネシウム、
ヒプロメロース、酸化チタン、
マクロゴールを配合しています。

 

アスコルビン酸(ビタミンC)は
レモンなどの柑橘類に多く含まれる
シミ・そばかすの素となる
メラニンの生成を抑え、
他にもコラーゲンの合成やビタミンEの
サポートなど、
幅広い活躍をする栄養素。

ホワイピュア(ほわいぴゅあ)には
アスコルビン酸(ビタミンC)が
1,000mg配合されています。

 

ビタミンB2(リボフラビン)は
レバーなどに含まれている栄養素
皮膚や髪、爪の生成・再生に関わるほか、
脂質をエネルギーに変えたり
粘膜を健康に保つ働きがあります。

 

ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)は
タンパク質の代謝を助ける栄養素で、
皮膚や髪の健康を保つほか、
体内の水分量を一定に
保ち、血液の流れを良くする
効果もあります

 

天然型ビタミンE
(コハク酸d-α-トコフェロール)は
アーモンドなどのナッツ類に配合されています。
ビタミンEはシミの原因である
メラニンの沈着を抑え、
メラニンがシミになるのを防ぎます。

ビタミンEはビタミンCと相性が良く、
身体の中で働き続けて
疲れたビタミンEを
ビタミンCが回復させます。
 

特にビタミンE以外は
水溶性で水に溶けやすいため、
カラダに貯めておくことが出来ませんので
こまめに毎日取ることが大事。

 
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)は
そんなシミケアに良い成分を
必要な量だけ定期的に摂れるように
配合された医薬品。

シミやそばかすを消すために
自分ではなかなかとれない栄養を
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)なら
定期的に摂れるので
非常に効率が良いです

ホワイピユア(ほわいぴゆあ)
詳しくは下記HPで見れます

詳しくは⇒シミのお薬 ホワイピュアを見る

 

 

シミを消したくてやってきたこと

子供を産んだ30歳あたりから、
目の下のあたり左右、
鼻あたりに小さなシミが
たくさんでき始めました。

大きさにして見たら、
大きいもので2ミリぐらい、
小さい点のようなものは、
そばかすのように点々と出てきています。
 

昔ニキビができてしまった所も
やはり黒ずんで、
シミとなって出てきているような
気もしています。
 

妊娠中や産後はシミが
できやすくなると聞いていたので、
気をつけていただけにショックでした。

大きいシミではないのですが
全体にくすんだ印象になってしまうので、
今後大きく、だんだんと黒くなっているのは
嫌だなと思っています。

 
普段から美白効果を謳っている
美容液などを使ってはいますが、
しみが増える進行を抑えてくれて
いるような気もしていますが
(効果は?といった所)

シミ自体が白くなるということは
ないかなとと思います。

 
最近は子供が通っている皮膚科に
ハイドロキノン配合の化粧品の
広告が出ていたので、
サンプルをもらって使ってみたところです

ハイドロキノンは刺激が強く、
肌に合わない人もいるということだったので、
試しにつけて見ましたが
特に腫れたりということはなかったので
ハイドロキノンもアリかも・・とは思います。
 

ただ、長期間使うと、
白斑が出るという副作用があるみたいなので、
気をつけて取り扱わないと
いけないのかなとも思います。

シミには外部の刺激
(ニキビができたところをいじってしまうなど)や
紫外線がよくないので、
ニキビなどができても触らずに治すこと。
 

毎日継続して日焼け止めクリームを塗ることは
やはり重要なポイントであると
再認識しました。

昼間、外に出ない時でも室内でも
日光の刺激があると聞いたので、
毎日朝は必ず塗ることにしています。
 

美白成分の入った美容液などは
これ以上の進行を防ぐためには
必要だと思っているので、
こちらも継続していく意味はあると思います。

プラスで皮膚科で勧められた
ハイドロキノンの化粧品で
できてしまったシミが
少しでも目立たなくなっていって
くれればと思います。
 

ですが、それだけではやっぱりだめで
シミは肌のメラニン色素が
うまく代謝せず蓄積されていることが
根本の原因でもあるので
内面的なことははずせません。

やはりバランスの良い食事をして
ターンオーバーを整えるために
睡眠をきちんと取ること
を心がけています。
 

そしてビタミンC、Eなど
しみケアの成分が多く含まれている
食材の摂取や、
サプリメントで補いながら、
こちらも継続していくことが
大事なんだなと思っております。

 
私の場合、サプリで
ゆっくりケアしている時間がないので
もう医薬品に頼るしかないと
シミを消す医薬品
ホワイピュア(ほわいぴゅあ)を
飲んでいます。

詳しくは⇒シミのお薬 ホワイピュアを見る