然 しかりよかせっけん 口コミ 効果は?
長寿の里(ちょうじゅのさと)
シリカ配合 火山灰の洗顔石鹸
毛穴の汚れにも

長寿の里(ちょうじゅのさと)
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)

 

長寿の里(ちょうじゅのさと)の
シリカ(ケイ素)配合 洗顔石鹸
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)は
肌にやさしい
完全無添加宣言をしている洗顔石鹸

鹿児島県の霧島に
降り積もった火山灰を成分とする
天然ミネラルが
美しい肌へと導いてくれるとして、
人気の石鹸です。

 

長寿の里(ちょうじゅのさと)
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)特徴は
火山灰を独自加工して、
毛穴よりも小さい
超微細パウダーにすることで、
肌にダメージを与えることなく、
毛穴の奥まで入り込み、
汚れや古い角質をしっかりと吸着して
取り除くことができます。

この働きによって、
毛穴の汚れが原因でおこる
黒ずみや、くすみ、
皮脂汚れ、キメ、ニキビ
などが改善されます。
 

また、通常の固形石鹸なら、
99パーセントが洗浄成分で、
美容成分は1パーセントほど
となっていますが、
しかり よかせっけんは、
練せっけん製法を採用することで、
60パーセント以上の
美肌成分を実現しています。

 
そのため、
長寿の里(ちょうじゅのさと)
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)は
洗浄するだけではなく、
肌に潤いを与えて
美容効果も期待することができる
という特徴をもっています。

 

そのほかにも、
コラーゲンやアロエエキス、
ローヤルゼリーエキス、
22種類のアミノ酸、
ウーロン茶エキス、
緑茶エキス、黒砂糖などの
保湿力の高い
美容効果が期待できる成分も
配合されています。
 

長寿の里(ちょうじゅのさと)
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)は
人体に何らかの
改善効果をもたらすと認定されている
医薬部外品ですから、
ニキビや肌荒れにも効果が期待される
グリチルリチン酸ジカリウムという
有効成分が配合されています。

詳しくは⇒然(しかり)よかせっけんを見る

 

 

毛穴の汚れが長年の悩みでした

私は、毛穴に困っていました。

毛穴は化粧をしても
時間とともに現れてきます。
 

年齢は40代ですが
シミシワももちろん悩んでいますが、
それ以上に目立つのが毛穴なのです。

毛穴がなくてシミがある人と、
シミがないけど毛穴が目立つ人では、
毛穴がある人のほうが、
肌が汚くみなるのです。
 

毛穴が目立つと、
生活がだらしないと
思われているのではないかと
思ってしまいますので
清潔感が若く見える要である
40代は毛穴の汚れには
ちゃんとケアしてくべきだと
思っています。

 
私は若い頃、
スポーツをしていて
日焼け止めなしで
日焼けもしていましたし
スキンケアに無頓着な方でした。

なのである程度は
仕方ないと思っているのですが
やはり日々の基本のスキンケアを
しっかりすることが
毛穴を目立たせないコツなのでは
と思っています。
 

日焼け止めなしで
日焼けもしていたから
自業自得なのですが、
でも不思議な人もいて、
日焼け止めなしで
日焼けしている人でも、
全然肌がきれいに人もいるのです。

うらやましいですね。。。。

 
私の毛穴の原因は、
昔のスキンケア不足と
若い頃の日焼けガンガン生活が
いけなかったと思ってます。

そんな若い頃の生活が
あってかわからないですが、
毛穴は30代半ば頃から
目立つようになり、
40代になってから
さらに毛穴が大きくなったようで、
目立つようになりました。
 

特に毛穴が気になる場所は、
小鼻と頬です。

頬はファンデーションで
なんとかなるかもしれませんが、
小鼻は本当に目立つのです。

コンシーラーでも
隠しきれないのです。
 

つけてしばらくはいいのですが、
数時間後には目立ち、
毛穴だけでなくコンシーラー、
ファンデーションと
よれるというのでしょうか、

部分的に固まってしまったりと、
汚くなるのです。
 

40代になってから、
仕事以外はあまり人に
会うことが少ないのですが、
それでも人が私の近くで
話すことにとても抵抗がありました。

毛穴を見られているかもと思うだけで、
精神的に落ち込んでしまっていたのです。

 

なので40になって
毛穴に対して
いろいろ取り組むようになりました。

まずは洗顔の見直しと
化粧品の見直し。
 

特に効果が感じられたのが
洗顔の見直しです。

毛穴の汚れの原因は
肌の汚れをきちんと取り切れていないことが
大きな原因です。
 

酸化した油
化粧品の残りカス
などがお肌に残っていて
毛穴に溜まってしまっています。
 
なのでしっかり汚れが取れて
乾燥しない洗顔料を
いかに見つけるかが
毛穴ケアのキモですね!

そういう意味でよかったのが
長寿の里(ちょうじゅのさと)の
然(しかり)よか石鹸です。
 

化粧品の見直しは
毛穴引き締め効果のある
化粧品を使ったりしてますが、
あまり効果がなく
乾燥が気になったりしてしまいました
 

あと最近、テレビで観たのですが、
冷やすのがいいと言っていたのでで、
保冷剤などで冷やしてみるといいですよ。

ただ、とても冷たいので
時々いやになりますが
無理のない範囲で
なるべく毎日するようにしてみるといいです。

肌は落ち着いてきますよ。
 

でもやっぱり一番は
毛穴汚れがしっかりとれる
洗顔石鹸を見つけて
毎日使うことですね。

火山灰のシリカで
こすらなくても毛穴汚れが取れる
然(しかり)よか石鹸は
かなり良かったです

詳しくは⇒然(しかり)よかせっけんを見る

 

 

「然(しかり)よかせっけん」の特徴

皮脂分泌が活発な若い頃は
ニキビや小鼻の黒ずみに悩んだり、
肌の衰えを感じ始めるようになると、
今度は肌は乾燥するのに毛穴の開きが
気になったり・・・。

年代は違っても、
毛穴に関する悩みを
持たれている方は意外と多いの
ではないでしょうか。

 

お肌は常に外気にさらされ、
ホコリや花粉といった汚れが付きやすく、
お肌の内側からは垢となっ
て剥がれ落ちる古い角質や、
分泌した皮脂が酸化するなど、
実は毛穴はとても汚れが
溜まりやすい場所です。

そして、洗顔料の役目は
これらの汚れを
しっかりと落とすことにあります。

 

不要な汚れを充分に取り除けないまま、
お肌のお手入れを行っても
効果が半減してしまう為、
洗顔は大切な
スキンケアの一つだといえますね。

 

お肌に不要な汚れは
綺麗に落としながらも、
洗い上がりに潤いと
透明感のあるお肌に導いてくれる、
そんな点に着目して作られたのが
長寿の里(ちょうじゅのさと)
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)です。

 

然よかせっけんに使われている
超微細シリカパウダーは、
強い洗浄成分で汚れを落とすのではなく、
毛穴より小さいパウダーが
毛穴の隅々の汚れをしっかりと吸着し、
お肌の汚れを綺麗に取り除いてくれます。
 

又、石鹸タイプの洗顔料は
洗浄成分の配合が多く、
美肌成分があまり配合できない
というものが多かったのですが、

長寿の里(ちょうじゅのさと)の
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)は
練り(ねり)という製造方法にこだわり、
洗浄成分とともに
お肌に潤いを与える
アロエエキスや
ローヤルゼリーエキス、
コラーゲンといった
美肌成分を60%以上配合して
作られています

 
洗顔をしたあと、
汚れをしっかり落としながらも、
お肌の潤いを奪いすぎることがありません。
 

他にもお肌の消炎効果のある
グリチルリチン酸ジカリウムを
配合していますので、
ニキビやカミソリ負けなどの
お肌にも優しく使うことができます。

 

然りよかせっけん 全成分

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム

その他の成分:精製水、水酸化カリウム、濃グリセリン、1,3-ブチレングリコール、黒砂糖、ケイ酸・ケイ酸アルミニウム焼成物、酸化チタン、ラウリン酸、ミリスチン酸、パルミチン酸、ステアリン酸、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、ラウロイルメチル-β-アラニンナトリウム液、水溶性コラーゲン液(3)、ローヤルゼリーエキス、アロエエキス(2)、加水分解コンキオリン液、チャエキス(1)、ウーロン茶エキス

 

然りよかせっけん使用方法は

さくらんぼ大(指先半分、約2g)を指先に取り、
ネット等でよく泡立て、
泡をころがすように洗った後、
ぬるま湯で充分に洗い流します。
 

然りよかせっけん専用泡立てネット
「泡から水素ネット」を
あらかじめ軽くぬらし
さくらんぼ大の
然りよかせっけんを
ネットに入れます、
 

然りよかせっけん専用泡立てネット
「泡から水素ネット」をもむようにして(にぎる)
泡に空気を含ませるように
たっぷり泡立てます。
 

たっぷり泡立たあわを顔に置いて
直接手が触れないように
泡のクッションで
内から外へ円を描きながら
マッサージするように洗います。
 

ぬるま湯で、
肌の上から泡がすべてなくなるまで
キレイに洗い流します。

 

長寿の里(ちょうじゅのさと)の
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)は
洗顔料に含まれることの多い
防腐剤や鉱物油、
石油系界面活性剤など、
出来るだけ肌に負担のかかる
添加物を使用せずに作っています

 
なのでお肌が敏感な方や
子どもにもあんしんして使える
お肌に優しい石鹸です。

 
然りよかせっけん(しかりよかせっけん)は
シリカの超微粒子パウダーが
毛穴の汚れもすっきり
お肌のくすみもケアしてくれるので
洗顔だけでお肌が明るくなる
効果が期待できます!

詳しくは⇒然(しかり)よかせっけんを見る