スキンケア

黒ずんだ毛穴を何とかしたい。毎日の洗顔、スキンケアで改善できる?

更新日:

黒ずみ 毛穴 洗顔

黒ずみ毛穴洗顔

多くの人を悩ませる、鼻の毛穴の黒ずみ。

見た目も悪いですし、また一度できてしまうとなかなか元に戻らないやっかいなものですので、悩んでいる人は本当に多いですよね。

ただし、一度毛穴の黒ずみができてしまうと、もうどうしようもないのか・・・というと、そんなことはありません。
実は、日々の洗顔やスキンケアを工夫することで悩みを減らすことはできるのです。

では、具体的に洗顔やスキンケアをどのようにすればいいのでしょうか?
今回は、毛穴の黒ずみはそもそもどうしてできるのか、また肌を美しくする洗顔のやり方などについてご紹介していきます。

 
 

どうして毛穴の黒ずみはできるのか

毛穴トラブルは一つだけではない

毛穴トラブルというと、真っ先に毛穴の黒ずみを思い浮かべるもの。
しかし、実は毛穴のトラブルにはいろいろな種類があります。

1、毛穴の黒ずみ・・・毛穴が詰まった状態。触るとザラザラする。
2、毛穴の開き・・・ぱっくり毛穴が開いた状態で、脂性肌、特にTゾーンへの皮脂分泌が多い人にできやすい。
3、クレーター・・・肌にぼこぼことしたクレーター状の凹凸がある状態。ニキビの跡にできやすい。
4、たるみ毛穴・・・肌がたるみ、毛穴が下方に引っ張られてできる。涙の滴のような形をしている。
5、メラニン毛穴・・・毛穴自体に黒い色がついている。触ってもザラザラしていない。

 

ご自分の毛穴トラブルは、どれに当てはまりましたか?

今回は、毛穴の黒ずみを取り上げていきたいと思います。
対策としては、洗顔方法を工夫することが効果的なので、後にそのやり方をご紹介していきます。

 

毛穴の黒ずみはどうしてできるのか

普通に洗顔やスキンケアをしていたはずなのに、いつの間にか毛穴の黒ずみができてしまった・・・という人も多いはず。
どうしてか、原因がわからないとお嘆きかもしれませんが、実は毛穴の黒ずみができる原因は複数あるのです。

1、ホルモンバランスの乱れなどにより、皮脂が過剰に分泌されてしまい、余分な皮脂が毛穴に詰まってしまった。これが酸化し、色が黒く変色した。

2、毛穴がたるんだ状態、または開いた状態だった。この状態のままだと容易に皮脂が詰まってしまい、黒ずんだ状態になりやすい。

3、何らかの原因で肌の新陳代謝が滞り、古い角質が肌の上から排出されなかった。これが開き毛穴などに詰まり、毛穴汚れにつながった。

4、紫外線を浴びたことが原因で、メラニンが発生し、その色素が毛穴に沈着した。いわゆるメラニン毛穴というのはこれに当たる。

 

毛穴の黒ずみの原因にはこれだけの種類があります。
ただ、毛穴に皮脂が詰まった状態だけを指すのではないのですね。
ご自分の毛穴はどの状態なのか、おわかりになったでしょうか。

 

こんなことをしていると毛穴の黒ずみを引き起こす

さて、皮脂分泌が多かったり、新陳代謝が悪かったら、必ずしも毛穴の黒ずみを引き起こすわけではありません。
そこには毛穴の黒ずみを引き起こしやすいスキンケア、または日々の習慣というものがあります。
どのようなことを繰り返していると、毛穴の黒ずみができやすいのか?
以下にご紹介していきます。

1、過剰な毛穴ケア、または角栓のケア
毛穴に皮脂が詰まっているのを見ると、慌てて角栓パックなどをしたくなりますよね。

しかし、適切な頻度を守るならまだしも、過剰に角栓パックをやるのはNGです。
シールタイプの角栓パックが人気ですが、これは毛穴に詰まった角栓を無理やり剥がすことで、開いた毛穴を余計に広げてしまう可能性があるのです。

また、シールを剥がすときに肌に与えるダメージもそれなりにあり、何度も繰り返すうちにだんだん肌の厚みが増していってしまったりもします。
こうなると、毛穴以外の肌トラブルを誘発してしまうかもしれません。

 

2、蒸しタオルで頻繁にケアをする
角栓パックと違い、蒸しタオルなら肌への刺激はなさそうだからいいんじゃない?と思われた方もいるかもしれません。

しかし、これもやりすぎては肌によくありません。
蒸しタオルは肌に必要な皮脂まで奪う可能性があるからです。
毛穴を開かせるための蒸しタオルで、肌の乾燥が進んでしまうこともあるのです。

 

3、ピーリングなどを頻繁にする
ピーリング、スクラブなど、いわゆる毛穴用のケアも、肌への刺激がとても強いもの。
うっかり肌を傷つけると、乾燥や別の肌トラブルにつながることがあります。
これもやりすぎは禁物です。

 

4、肌を触る行為
毛穴が詰まっているのを見ると、角栓を手で押し出したり、ピンセットで角栓をつまんでみたくなるものです。
また、うまく角栓がとれたりすると、もっともっととどんどんやりたくなりますよね。

角栓が取れたときはすっきりしますが、実はこの行為、自分で思っている以上に肌への刺激は強いのです。
繰り返しているうちにどんどん肌を傷つけてしまいます。
また、自分で角栓を取っていると、開いた毛穴がますます広がってしまう可能性もあります。

 

5、脂取り紙で頻繁に脂を取っている
皮脂分泌が多くて、脂取り紙が手放せない!という方も多いと思います。
仕事の空き時間などに、せっせと脂をとっているかもしれません。

しかし、あまりにも頻繁に肌の脂を取る行為は、肌の健康を守るために必要な脂まで奪う可能性があります。
エスカレートすると、肌が乾燥肌になるかもしれません。

乾燥肌は、肌がゴワゴワと固くなり古い角質を排出しきれなくなるため、毛穴つまりを加速させるという悪循環に陥ってしまいます。

気になるのはわかりますが、脂取り紙の使用は、一日にせいぜい1,2回程度に留めましょう。

 
 

洗顔が毛穴の黒ずみを改善させる

適切な洗顔が毛穴の黒ずみを予防してくれる

毛穴の黒ずみにはいろいろな種類があり、その原因も様々あるということがお分かりいただけたと思います。

しかし、たくさんの種類があるといっても、主な原因といえばやはり、余分な皮脂が毛穴に詰まり、それが酸化することです。

分泌された皮脂を適切に洗い流し、肌の清潔を守ることが最善の予防策となります。
毎日、正しい洗顔で肌の健康を守ることが大事です。

 

正しい洗顔方法とは?

さて、ここからは正しい洗顔方法の具体的な方法をご紹介していきます。

1、朝晩洗顔する人が多いが、洗顔料を使用するのは夜だけにする
2、洗顔をする前に手を清潔にする
3、洗顔料をしっかり泡立てて顔に乗せる。円を描くようにして洗っていく
4、いきなり顔全部に泡をつけるのではなく、皮脂の多いところからつける
5、じっくり汚れを落としたいからといって、時間をかけすぎないようにする。目安はクレンジングなら30秒くらい、洗顔なら1分くらいが限度。
6、泡を洗い落とすとき、シャワーを使うなら、直接顔に当てないようにする
7、タオルでゴシゴシ顔を拭かない。優しく抑えるように拭く。

 

どんな洗顔料を選んだらよいか

毎日の洗顔に使う洗顔料。
どのようなものを選んだらよいかというと、

1、界面活性剤が配合されていないもの
2、弱酸性ではないもの
3、美肌成分が配合されている(ビタミンCなど)、またクレイが配合されているもの
4、継続して購入できる価格帯のもの

 

肌の健康を守るためには、界面活性剤の入っていないものを選ぶのが望ましいでしょう。
またクレイが配合されているものは洗浄効果も高く、肌の清潔を守ってくれます。

もちろん、洗顔は毎日のことですので、うんと高いものより続けやすい価格帯のものを選ぶことも大事です。

 
 

どうしたら毛穴の黒ずみを予防できるのか

こんな生活習慣が毛穴の黒ずみを作る

毛穴の黒ずみの原因といえば、過剰な皮脂分泌やメラニンです。
では、どうしてこうしたものが発生するのかというと、そこには日々の生活習慣が大きく関係しているのです。

例えば、栄養バランスの取れた食生活をせず、脂っこいものやケーキなどの甘いものを頻繁に食べている人がいます。
こうした食べ物も、適切な量ならば問題ありませんが、あまりに頻繁になると皮脂の過剰分泌を促します。
皮脂がどんどん分泌されればそれだけ毛穴に悪影響を与える可能性も高まります。
心当たりのある人は、今日からでも野菜などの多い健康的な食生活に切り替えるべきです。

 

紫外線を避ける

紫外線を浴びることは、メラニンを発生させる大きな原因です。
また紫外線は毛穴だけでなく様々な肌トラブルの原因ともなりえます。

季節を問わず、紫外線対策を徹底するのが望ましいでしょう。

 

毛穴のケアをするならほどほどに

毛穴が気になり、ついつい角栓パックやスクラブなどのケアを頻繁に行うと、余計に毛穴が開いたリ、乾燥肌を引き起こしてしまうかもしれません。

せっかくのケアが、さらなる肌トラブルを引き起こしては台無しです。
こうしたケアをするなら適切な回数を守るようにしましょう。

 
 

黒ずみ毛穴ケアまとめ

いかがでしたか?
毛穴の黒ずみも、日々の適切な洗顔で改善していけることがお分かりいただけたと思います。

もちろん、正しい洗顔だけを徹底すればいいというものではありません。
栄養バランスの優れた食生活をしたリ、しっかり睡眠を取ったりといった、健康的な生活を継続して、肌の健康を保つことが何より大事です。

毎日きちんとケアを続けて、理想のお肌を手に入れてくださいね。

 
 

-スキンケア
-, ,

Copyright© 40代 美容 健康 アイテム 口コミ    , 2018 All Rights Reserved.