見た目年齢を大きく下げる、首のシミに気を付けよう!

「あれっ、いつの間にか首にシミができてる!」
毎日鏡で自分の顔はチェックしていても、首はついつい見逃してしまうものです。
その首に、いつの間にか大きなシミができていたら、ショックですよね。
首は露出が多い部分ですし、シミができると見た目年齢を大きく下げて、老けた印象になってしまいます。

どうして首にシミができるのか、その原因と対策をご紹介します。

首のシミ

 
 

 

どうしてこんなところに?首にシミができる理由

老人性色素斑

首は露出が多い部分であると上記でも言いましたが、顔や腕などと違い、ついつい日焼け止めを塗り忘れるところでもあります。

無防備な状態のまま紫外線を浴び続けることにより、「老人性色素斑」というシミができてしまいます。
実は首にできるシミの多くはこの老人性色素斑なのです。
若い頃は何もないきれいな肌だったとしても、紫外線対策を怠り続けた結果、この老人性色素斑ができてしまうケースは、実はとても多いのです。

このメカニズムがシミを生み出す

人の身体は紫外線を浴びると、皮膚を保護するためにメラニン色素を作り出すよう、色素細胞(メラノサイト)に命令を出します。
また、紫外線以外にも、体内に発生した活性酸素によってもメラニン色素は生まれます。
活性酸素を除去するため、同じく色素細胞のホルモンが分泌され、それがメラニン色素を生んでしまうのです。
このメラニン色素が、乱れたターンオーバーにより体外に排出されない状態になると、やがてその部分に定着してシミになります。
その他、虫刺されやアトピー性皮膚炎などのダメージ、日焼けやニキビなども、長期的に肌に刺激を与え続ければ、その部分にシミを作り出します。
首の皮膚は身体のほかの部分の皮膚に比べて皮脂腺が少なく乾燥しやすいため、刺激に弱く、シミを作り出しやすいのです。

 
 

シミにもたくさんのタイプがある

多くの人ができる老人性色素斑

シミの多くは老人性色素斑タイプです。
首や顔だけでなく、紫外線に当たりやすい手の甲、腕などもこの老人性色素斑ができやすい部位と言えます。
一般的に楕円形をしていて、色は薄茶色、大きなものでも2センチ程度。
ただし、時間の経過とともに色が濃くなったり、どんどん大きくなることもあります。

「老人性」という名称ではありますが、早い人では20代、30代でも表れることがあります。
また出産後にホルモンのバランスが崩れたりしてできてしまうこともあります。
加齢につれてこの老人性色素斑ができる人の割合は増えていき、50代では8割もの人が老人性色素斑を持っていると言われています。
老人性色素斑は病気とは何の関係もなく、できても健康上の問題はありません。
しかし、中には皮膚がんによってシミができているケースもあり、それとの区別がつきにくく注意が必要です。

そばかすによってできるシミ

そばかすはシミとは何の関係もないと思っている方は多いと思いますが、実はそばかすは「雀卵斑(じゃくらんはん)」という名称の、シミの一種です。
先にご紹介した老人性色素斑は、加齢とともにどんどん濃くなっていきますが、そばかすはそれとは違い、加齢とともに薄くなったり、消えてしまうこともあります。

色白の人はメラニン色素が少なく、そばかすになりやすいと言われています。
またその他、栄養不足でそばかすになる場合もあります。
心当たりのある方は、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
またビタミン類は健康にいいだけでなく、肌の代謝を正常にしてくれる効果があるので積極的に摂取しましょう。
ビタミンにもいろいろありますが、特にビタミンC、E、Aを摂ることは大切です。
これらはメラニン色素の沈着を抑制したり、新陳代謝をスムーズにしたり、活性酸素を除去してくれる効果の高いビタミンです。

その他、慢性的な睡眠不足など良くない生活習慣からシミができることもあります。

親にそばかすがある場合、その子供にも幼年の頃からそばかすが表れることがよくあります。
そばかすには遺伝的な要素が非常に関係しているからです。
しかし、幼年からそばかすがあるとずっとそのままというわけではなく、年齢を重ねるにつれ消えてしまうこともよくあります。

ニキビなどによるシミ

ニキビや肌荒れは、肌に多大なダメージを与えますが、これにより皮膚が炎症を起こし、肌に色素が沈着してしまうと、やがてその部分がシミになります。
黄色人種はメラニン色素がほかの人種に比べて多いので、この炎症性色素沈着になる度合いが高いと言われています。

体内の活性酸素は、皮膚に炎症ができると一気に増加します。
そして色素細胞を刺激してしまう結果、チロシナーゼという酸化還元酵素が活発になります。
これはチロシンという物質(アミノ酸の一種)をメラニンに作り替える働きがあり、シミの元となるのです。

色素沈着にもいろいろあります。
火傷などが原因の色素沈着は、完治したあと、時間とともに消えてくのが普通です。
しかし、アトピー性皮膚炎や摩擦によって刺激を与え続けられた場合など、刺激が一過性でない場合は別です。
慢性的に刺激を受け続けた部分は、徐々にメラニンが定着し、やがてシミとなります。

 
 

タイプによってケアの仕方は違う

老人性色素斑の場合

老人性色素斑に良く効くのは、シミに特化した美白化粧品です。
「そういう化粧品は、顔にだけ使うものでは?」と思われるかもしれませんが、顔に使用する美白化粧品は首につけても何ら問題はありません。

どのような美白化粧品を使うか迷った場合、「ハイドロキノン」という成分を一つの目安にしてください。
これは国内で唯一、シミを除去する効果があるとして使用を認められている成分です。

そばかすによるシミの場合

そばかすによるシミの場合でも、ハイドロキノンを使用した化粧品は有効です。
しかし、一時的にシミが消えても、またすぐに表れてしまいます。

それはそばかすによるシミが、遺伝によって発生するものだからです。
そのため根本から除去することはできず、常にケアし続けなければいけません。
もし根本から何とかしたいと思うなら、レーザー治療がおすすめです。

炎症によるシミの場合

炎症によるシミの場合は、美白化粧品やピーリングだけで大きな効果をあげられることが多いです。
それは、シミ細胞が皮膚の表面だけに留まり、深部まで食い入っていないことが大半だからです。
稀に深部にまでシミ細胞が入り込んでいる場合もありますが、そんな時は高ハイドロキノンの美白化粧品が効果を発揮してくれます。

 
 

日常の中でできる、ちょっとしたシミケア

紫外線をシャットアウトしよう

紫外線対策を徹底することは、シミケアの基本です。
日焼け止めを塗ることはもちろん、日傘やスカーフなどで外出時の肌を守りましょう。
また、屋内にいるときでも、紫外線をカットするカーテンを使用することをおすすめします。
紫外線シーズンを過ぎると、ついつい紫外線対策を怠ってしまいがちですが、実は一年を通してケアすることが大切です。
夏以外も気を抜かないようにしましょう。

美白化粧品によるケアも忘れずに

紫外線対策は徹底的に行うべきですが、それでもやはり完全に紫外線を除去することは難しいものです。
紫外線にさらされてしまったと思ったら、後できちんと美白化粧品を使いケアしましょう。
首は身体の中でも皮膚が薄く、乾燥しやすいので、特に念入りに保湿してください。

 
 

もしどうしても首のシミが解消しなかったら・・・

美白化粧品を活用したり、自宅でもいろいろ首のシミに対してできることはあります。
しかし、念入りにケアしても、どうしても首のシミが消えず悩んでしまったら・・・
その時は、医療機関でプロの手による施術を受けることを考えてみましょう。
シミといえばレーザー治療が有名ですが、その他にも内服薬や、光治療(フォトフェイシャル)などシミに有効な治療はたくさんあります。

 
 

シミ対策は日常の工夫から。徹底的に予防して美肌を保とう

顔と違い、ついついお手入れも怠りがちになる首。
でも、露出の多い部分でもありますし、うっかり首のシミができてしまうとがっかりですよね。

身体の他の部分よりも皮膚がデリケートで、刺激に弱い首を、普段からきちんとケアして首にできるシミを防ぎたいものです。
紫外線をもう沢山浴びちゃった、という人も、諦めずにきちんとケアしましょう。
お肌がきれいだと、気分も上がるもの。
日ごろからできるケアをきちんとして、いつまでも美しい肌を保ちましょう。