青汁

青汁にアレルギー対策効果や体質改善効果があるって本当?

更新日:

青汁のアレルギー対策や体質改善の効果について

青汁アレルギー体質改善効果

健康のために飲むもの、と言えば青汁が思い浮かぶ方も多いと思います。
しかし、一体なぜ青汁は健康に良いのでしょうか。

また、青汁を飲んでアレルギー対策になるということも言われていますが、それは本当なのでしょうか?
ここでは、青汁が持つ成分や青汁を飲むことで期待できる効果について説明します。

 
 

アレルギー反応とは?どうして反応が起きる?

まずはアレルギー反応について解説します。

アレルギー反応を引き起こす可能性を持つ物質はさまざまなものがあり、それらはアレルゲンと呼ばれています。
このアレルゲンが体内に侵入して、免疫反応が必要以上に起こった場合に、かゆみ、赤み、湿疹、熱といった症状が出ます。

花粉や埃といったものでアレルギー反応が起きることもありますが、身体にとって害のない物質でもアレルギー反応が起きることがあるため、注意する必要があります。

その最たるものが食品です。
どの食品も身体に対して有害なものではないのに、体内で「この物質は有害なものである!」と判断して排除するためにアレルギー反応を起こします。

この反応に大きく関係するものが、身体の免疫機能です。
免疫機能を高めていけば、体質改善ができる可能性が高まります。

 
 

体質とは?体質改善とは?

体質、という言葉はよく耳にしますが、これは個人個人が持って生まれた体の性格です。
例えば、乾燥肌、肌トラブルが起きやすい、冷え性、太りやすい、アレルギーを起こしやすい、などといったものが体質として挙げられます。

こういった特徴はなかなか変えることは出来ないと思われていると思います。
しかし、少し時間はかかりますが、少しずつ体質を改善していくことは可能だと言われています。
そのために必要なのは、免疫力を向上させること、血液循環を正常にする、新陳代謝をアップさせる、ということです。

生まれ持った体質だから、と諦めずに体質改善に取り組むことで希望は見えてきます。

 
 

青汁は何が使われているのか。その効果は?

青汁の苦みの正体:ケール

「青汁は苦い」「独特の味がする」というイメージは強いのではないでしょうか。
青汁の風味の中で最も際立つのがこのケールの味です。

苦い、青臭いといったネガティブなイメージがあるケールですが、実は「野菜の王様」と言われる程に豊富な栄養素を持っています。
抗酸化作用が高く、目の健康を維持するために効果的なルテインや、リラックス効果を与えて睡眠の質を高めるメラトニン、美容効果を高めて血行を促し、視力回復や身体の成長作用を高めるビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、歯と骨を構成するカルシウムを含有していますので、ケールは積極的に摂取したいものだと言えます。

腸の動きを助ける:大麦若葉

大麦若葉には食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維を摂取すると、腸内の環境が整えられて排便がスムーズに行われるようになります。
善玉菌と悪玉菌のバランスが良いものへと変わると腸内環境だけでなく全身に対する健康効果が出てきますので、体質改善を行いたいというときには腸内環境を整えることが大切です。

また、大麦若葉はアルカリ性に属する野菜ですので、酸性になった体内を正常化させる効果も持っていますし、アトピーなどにも効果的だと言われています。
さらに、大麦若葉にはダイエットに必要な褐色脂肪の数が減らないように働きかける力を持つビタミンとミネラルが含まれていますので、ダイエットの際にもおすすめの成分です。

むくみ、アンチエイジングに効果的:明日葉

実は明日葉は食物繊維、タンパク質、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB2、ナトリウムの含有量がケールよりも多いそうです。
さらに、ポリフェノールの1種であるカルコンという明日葉特有の栄養素も持っており、高い抗酸化作用が期待できます。
カルコンにはデトックス効果があるということも分かっており、余分な水分と老廃物を排出するように促すため、むくみ予防や改善にも効果的です。
そしてクマリンという成分も含有しているので、セルライトや脂肪を解消していく効果も期待できます。
大麦若葉と同様に、ダイエットに効果的だと言えます。

 
 

青汁を飲んで期待できる効果

食物繊維で便秘解消

上の項目でも説明したとおり、青汁に使われている材料の中には食物繊維を豊富に含んでいるものが使用されています。
そのため、腸内の環境を良いものへと変えていくことが期待できますし、鈍くなっていた腸の動きを活発化させることも期待できます。
それにより、滞りやすくなっていた便通が改善して、きちんと排便ができるようになるでしょう。
排便と同時に、腸の中にあった老廃物は排出されていきますので、体質改善にもつながります。

青汁で便秘を解消したいという場合には、オリゴ糖配合のものを選ぶのをおすすめします。
オリゴ糖には腸内にある善玉菌の数を増やす効果がありますので、腸内の環境をいち早く正常な状態にすることが可能になります。

青汁を飲んでアトピー対策になる

アトピーになる原因はひとつではありません。
免疫が原因の場合の他には、血液が酸化していることが原因になることもありますし、糖質の過剰摂取が原因となることもあります。

青汁を飲むと、不足しやすい野菜を補給することができますし、体内に溜まっている老廃物を排出することが可能になります。
このふたつの効果は、血液が酸化した状態から正常なものへと戻すことへとつながります。
また、新陳代謝の力をアップさせるほか、抗酸化作用を持つ成分が免疫力を高めることでアトピーに効果的だと考えられます。

しかし、「青汁を飲んだからアトピーが治る!」ということはありません。
しっかりとアトピーを治療するためには、医師の指示を聞いて正しくアトピーと付き合って行くことが大前提となります。
青汁は体質を改善するための手助けをしてくれるアイテムだと考えておいてください。

免疫力を高める

免疫力、と言われてもなんとなく漠然としたイメージしかないかもしれませんが、免疫力は私たちの身体を病気から守るために必要な力です。
季節の変わり目に風邪を引きやすい、風邪が長引きやすい、というのは免疫力が低下しているからだと考えられますので、思い当たる場合は青汁を飲んでみましょう。

免疫力を高めるために効果的なのが、ビタミンCです。
ビタミンCは粘膜の働きを強化して、身体の外から微生物や病原菌が侵入しても病気にならないように働きます。
風邪予防にはビタミンCが有効だと言われるのは、風邪のウイルスが侵入してもそれに抵抗できるための力を高めることができるからです。

免疫力はアレルギーとも関わりがあると言われているので、アレルギー体質に悩まれている場合でも青汁は効果的です。

ダイエットの効果も

青汁には、ビタミンCとマグネシウムが含まれています。
このふたつの成分は脂肪の代謝を促したり、筋肉を作るために必要なコラーゲンを生成する働きを促したりします。
さらに、抗酸化作用を持つ物質としても知られるビタミンCは、糖質、脂質の代謝が滞ってしまう状態を防ぐため、セルライトができるのを予防することも可能です。

 
 

まとめ

青汁を飲むと体質改善のために働いてくれる、ということがお分かりいただけたと思います。
独特の苦みを感じやすいケール、大麦若葉、明日葉は青汁には必要不可欠な存在ですので、独自の工夫で飲みやすい状態にした青汁を見付けてみてください。
アトピーやアレルギーへの対策、免疫力向上、ダイエット、便秘解消、といったたくさんの効果を持つ青汁、ぜひ一度お試しください。

 
 

-青汁
-, , , ,

Copyright© 40代 美容 健康 アイテム 口コミ    , 2018 All Rights Reserved.