自宅でできるホワイトニング「ビースマイル」で自信を持って笑える口を手に入れよう

誰かと話しているとき、写真を撮るとき、自信を持って笑えていますか?
コーヒーや紅茶、たばこといったもので、歯の色が黄色くなっていたりすると気になってしまいますが、一度着色汚れがついてしまった歯を自力で白くするのは難しいことです。
そのため、定期的に歯科医院でホワイトニングの処置を受けているという方も大勢おられるようですが、ビースマイルを使えば自宅で歯を磨くたびにホワイトニングを行えるようになります!

ビースマイル

 

\公式サイトにリンクしています/
↓  ↓  ↓

 
 

歯のホワイトニングの方法は2通り

・オフィスホワイトニング
こちらは、歯科医院で全ての工程を行うホワイトニングです。
還元作用を持っている「過酸化水素」と呼ばれる成分を使った漂白剤を歯に塗布し、ホワイトニングのための特殊な光を照射します。

・ホームホワイトニング
こちらは、自宅で行うホワイトニングです。
まず歯科医院で自分の口腔内の型をとってマウスピースを作成します。
その後は自宅で濃度の低いホームホワイトニング用の漂白剤をマウスピースに塗って装着することで歯を白くさせていきます。

どちらにおいても、使用される漂白剤には強い力がありますので、歯茎の状態が悪く知覚過敏になっている場合や、歯の表面が何らかの原因で削れている場合には痛みを感じることがあります。
また、保険適用外の処置になりますので、費用負担は高くなります。

 
 

ビースマイルってどんなアイテム?

「歯の着色汚れは落としたいけれど、歯医者に通う時間がない」「あんまりお金をかけたくない」というときには、ビースマイルがおすすめです。
ビースマイルは、コーヒー、紅茶などの着色や、年齢とともに黄ばんできた歯に対しても効果を発揮しますので、自宅で簡単にホワイトニングを行いたいという方に向いている薬用ホワイトニングジェルとなっています。

「ホワイトニングに特化したものだと、虫歯や歯周病に対してのケアがおろそかになってしまいそう」と思われるかもしれませんが、心配は無用です。
ビースマイルには、抗菌作用と抗炎症作用を持った成分もきちんと配合されていますので、お口の中のトータルケアを行うことが可能です。

 
 

ビースマイルの良いところ

自宅で毎日ホワイトニングケア

歯科医院でのホワイトニングケアは、一度のケアの効果が数か月程度継続することは確かですが、少しずつ綺麗になった自分の歯が再び汚れていくのを見るというのは少々嫌なものですよね。
しかし、ビースマイルは毎日の歯磨きでホワイトニングを行うことができますので、いつまでも着色汚れのない綺麗な口元で居られます。

 

自然なホワイトニングができる

歯科医院でホワイトニングを受けると、口元の印象がかなり変わります。
しかし、「白くなりすぎて逆に気になるようになってしまった」ということもあるようです。
ビースマイルを使えばゆっくりと着色汚れを落としていくことができるため、白くなりすぎず自然な口元をキープできます。

 

とにかく簡単!

ビースマイルは特別な使い方が必要なアイテムではありません。
今までに使っていた歯磨き粉と同じように使うことができるため、どなたにも手軽に使っていただくことが可能です。

 

材料に対するこだわり

口に入れるものですので、安全性が高く安心して使えるものが良いですよね。
ビースマイルは、漂白剤、発泡剤、研磨材、鉱物油、動物由来の原料、石油系界面活性剤、パラベンといったものを使わずに製造されています。
ビースマイルのマウスウォッシュもあるのですが、こちらも鉱物油、動物由来の原料、石油系界面活性剤、パラベン、オイル、合成ポリマーといったものを使わずに作られていますので、家族そろって使うこともできます。

 
 

ビースマイルの配合成分の特徴は?

汚れを落とす「ポリアスパラギン酸ナトリウム」

アミノ酸の一種であるポリアスパラギン酸ナトリウムは、保水性の高い成分として知られており、化粧品や紙おむつにも使われていますが、ビースマイルでは歯の表面に付着しているタンパク質汚れを吸着して、歯の表面から浮かせた後で包み込むという効果を発揮します。
包み込む、という力を持つため、一度浮かせた汚れが再び歯に付いてしまうということはありません。

通常の歯磨き粉は、研磨剤を使って歯の表面を擦って汚れを取り除くものが多くあります。
しかしそれでは、歯の表面にあるエナメル質を傷付けてしまうことがあったのですが、研磨剤を配合していないビースマイルではそのようなことは起こりません。

 

汚れと黄ばみを浮かす「リンゴ酸」

歯の表面に付着している汚れを浮き上がらせるために、リンゴ酸が配合されています。
浮き上がらせた汚れが再度歯に付着しないように防ぐのはもちろん、口腔内の殺菌効果も期待できる成分です。

 

歯茎の健康のために効果的な「ビタミンC」

ビタミンCにも、歯の汚れを除去する効果はあるのですが、歯茎の健康を維持するためにも効果的だということが知られています。
歯茎の弾力性を保つためにはコラーゲンが十分な量存在することが大切なのですが、年齢、歯周病といったことを原因に、その数は減少してしまいます。
そうなると、歯茎が下がる、血が出るといった歯茎のトラブルが現れてきます。
それを防ぐために、効果的なのがビタミンCです。
ビタミンCにはコラーゲンが生成されるのを促進したり、壊れてしまったコラーゲンを再生したりするという力があります。

 

歯周病予防に効果的な「アラントイン」

歯周病は歯を失う原因として有名ですが、歯周病が進行して歯周病菌が血液に侵入し、全身へと広がっていくことで心筋梗塞や狭心症といった心臓疾患を引き起こす原因となることも分かっています。
妊娠中の女性が歯周病に罹っていると、早産になってしまうというリスクも高まります。
アラントインは、歯周病の炎症を抑えて歯茎の腫れを防ぐ効果を持っていますので、ホワイトニングと歯周病ケアの両方をしたいという方にもビースマイルはおすすめです。

 

口臭予防に効果的な「シメン-5-オール」

イソプロピルメチルフェノールという名前でも呼ばれるこの成分は、ビースマイルの殺菌作用を担っています。
口腔内に生息するたくさんの細菌は、食べかすに含まれているタンパク質、分泌される唾液を分解していやな口臭を発生させるのですが、シメン-5-オールはこの雑菌たちを殺菌し、口臭予防に役立ちます。

 
 

ビースマイルを使って得られる効果は?

毎日のケアで自然な白さの歯を手に入れられる

歯科医院でのホワイトニングは強力な効果を発揮してくれるものですので、ホワイトニングをしたということを周囲に気付かれやすくなります。
しかし、ビースマイルは毎日少しずつ歯の着色汚れを落として白くしていくものですので、周囲に気付かれることなくホワイトニングを行うことができます。
「1週間後までに白くしたい!」というように短期間での効果を求めると、ビースマイルでは満足のいく結果は出ませんので、時間を掛けてゆっくりとホワイトニングをしたいという場合に使用するのがおすすめです。

 

ビースマイルを効果的に使うポイント

ビースマイルを使用する前に通常の歯磨き粉で大部分の汚れを落としておくと、ビースマイルの効果が高まります。
毎回この方法で歯を磨くのは手間がかかりますので、夜だけでもこの方法で磨いてみて下さい。

 
 

まとめ

自然な歯の白さが手に入ると、笑顔に自信が持てるようになり表情も豊かになります。
歯科医院でのホワイトニングに比べると必要になる費用もかなり抑えられますので、歯の着色汚れに悩まれている方はぜひビースマイルを使ってホワイトニングを初めてみましょう。

 

\公式サイトにリンクしています/
↓  ↓  ↓