スキンケア

加齢敏感肌ってなに?敏感肌 エイジングケア 化粧品 ストレピア

更新日:

敏感肌のためのエイジングケア化粧品 strepair ストレピア

敏感肌のためのエイジングケア化粧品 strepair ストレピア

 

\口コミはこちらです/
↓  ↓  ↓

 

30歳を過ぎると、女性の肌は少しずつ変化しはじめます。
そんな中で、「20代の頃はなんともなかったのに30歳を過ぎたら敏感になってきた」と感じる方もおられるようです。
そう感じたら、今までのスキンケアを止めて自分に合ったスキンケアアイテムを見付ける必要があります。
年齢とともに敏感になってきた、と感じている女性の多くは「加齢敏感肌」である可能性が高いため、加齢敏感肌に対応した strepair ストレピアを一度試してみてください!

 
 

加齢敏感肌って何なの?

肌は年齢とともに変化していくもの

加齢敏感肌、というのは読んで字のごとく「加齢とともに肌が敏感になっていく状態」を指しています。
これまで何の不満やトラブルもなく使っていたスキンケアが合わなくなったり、乾燥が気になったりする場合はこの加齢敏感肌を疑っても良いでしょう。

加齢敏感肌になると肌のバリア機能が低下してしまい、外的刺激に弱くなってしまいますので、早めにケアを行った方が良いと言えます。
「大丈夫でしょ」と思って加齢敏感肌を放置してしまうと、外的刺激のダメージをそのまま受けることになり、シミ、シワといったエイジングサインが出やすくなります。

 

どうして加齢敏感肌になるのか

加齢敏感肌を招く原因は、日頃の生活習慣、食生活、ストレスにあります。
肌はこれらのネガティブな要因を内側に溜め込んでいますので、肌が少しずつ老化を始める30代に入った頃から溜め込んだいろいろな要因が肌に現れやすくなると考えられます。
若いころに不規則な生活習慣を送っていた、偏った食生活を送っていた、過度なストレスを感じながら生活していたという人は加齢敏感肌になる可能性が高いと言えます。
こういったことは40代、50代になっても続いていきますので、適切なケアを行って肌を助けてあげましょう。

 

加齢敏感肌を放置しておくのは絶対にだめ!

加齢敏感肌になっていると、肌を外的刺激から守るためのバリア機能が低下してしまい、紫外線ダメージが肌の奥深くまで届いてシミが出来やすくなったり、シワやたるみの原因になることがあります。
紫外線と聞くとシミの原因というイメージが強いと思いますが、実は肌内部に到達すると炎症を起こさせて肌を酸化させるものでもありますし、水分量の低下も引き起こします。
肌の水分が不足すると、肌を守る機能もさらに低下してダメージを受けやすくなりますし、乾燥も進みます。
これがさらに紫外線ダメージをさらに大きくさせる要因となり、エイジングサインが出やすくなってしまいます。
ストレピアを使って、肌のバリア機能がきちんと働いて、紫外線や大気汚染といった外的刺激から肌を守るようにすれば、肌の修復力も高まり水分を保持する力も維持できます。

 
 

加齢敏感肌にストレピアがおすすめな理由

敏感肌と年齢肌をケアすることができる

加齢敏感肌をケアするためには、敏感肌だけ、年齢肌だけ、というケアでは不十分です。
敏感肌と年齢肌と同時にケアしなければ、加齢敏感肌に対して効果的なケアとは言えないというのがストレピアの考え方ですので、このふたつの状態に対して効果的にアプローチする方法がストレピアの中には隠されています。

 

ストレピアが敏感肌に効果を発揮するメカニズム

ストレピアの中には、敏感肌向けの成分として樹液をもとに作られた4つのエキスが配合されています。
今までに肌の内部に蓄積されてきたダメージは、ネムノキ樹皮エキスとキハダ樹皮エキスがケアし、いま肌が受けているダメージはサトウカエデ樹皮エキスとフランス海岸松樹皮エキスでケアします。
これらの成分の働きで低下していた肌バリア機能が高まって回復し、紫外線ダメージや活性酸素によるダメージを受けても炎症しにくくなります。
とくにサトウカエデ樹皮エキスの中にはミネラルが豊富に含有されていますので、高い保湿効果も得られます。
これにより、ダメージを受けてもびくともしない潤った肌を手に入れることができるようになります。

 

ストレピアが年齢肌に効果を発揮するメカニズム

年齢肌に効果的な成分として、HSP(ヒートショックプロテイン)含有酵母エキス、というものがストレピアの中に加えられています。
HSP(ヒートショックプロテイン)は私たちの肌の中にもともと存在しているもので、外部刺激によるダメージで傷付いた肌を修復、回復させるために働く成分です。
このHSP(ヒートショックプロテイン)の量が十分にある状態であれば、ダメージを受けてもすぐに肌はもとの状態に修復されるため、ハリやツヤを維持することができます。
しかし、HSP(ヒートショックプロテイン)が少なくなってしまうとそれができなくなり、シワが増えたりシミができやすくなったりしますので、肌にとってHSP(ヒートショックプロテイン)は欠かせない存在です。
また、HSP(ヒートショックプロテイン)があればヒアルロン酸やコラーゲンが作られやすくなるという一面も持っており、潤いやハリのある肌を手に入れるためにもかなり効果的だと言えます。

 
 

ストレピアはミドルエイジの女性に人気

若い世代はストレピアを使っても効果が出ません

若い女性の中にも、不規則な生活習慣や食生活、ストレスといったことで肌トラブルを抱えている方がおられると思いますが、ストレピアはあくまでも敏感肌と年齢肌に対応したものですので、20代でストレピアを使っても思うような効果は得られません。
ストレピアの潤い効果、乾燥肌への効果が発揮されないままだと肌トラブルを抱え続けることになりますので、せっかくストレピアを使っても時間とお金をムダにしてしまうことになりかねません。
20代のうちは、自分の世代に合った敏感肌、乾燥肌対策ができるスキンケアを探してみてください。
30代になってから乾燥や敏感肌の症状が気になったら、改めてストレピアを使ってみましょう。

 

ストレピアは40代以上の女性に大人気

ストレピアの効果が感じやすいのは主に30代を過ぎてからだと言われていますが、ストレピアの効果について高く評価している人は主に40代、50代の方となっています。
40代に入るとエイジングサインがはっきりと出るようになったり、肌の状態がさらに変わることもありますので、そういった方からストレピアは支持されているようです。
その効果として、肌が潤った状態となって目立ちやすくなっていた毛穴の状態が改善された、できかけていたシミの色が薄くなってきた、顔のトーンが明るくなってきた、というものが多く見掛けられます。
ストレピアの刺激がかなり優しいということも加齢敏感肌で使うアイテム選びに悩む方からの高評価の理由のひとつとなっています。
とくにストレピアのマスクウォッシュはクレンジングと洗顔がワンステップで終わるという特徴があるため、忙しい女性たちからも人気です。

 
 

まとめ

何を使っても大丈夫だった20代の頃とは違い、年齢とともにスキンケアが難しくなることがあります。
そのとき自分に合ったケアを早めに行うことで肌の状態を維持しやすくなります。
ストレピアは、年齢とともに変化した女性の肌をケアすることを考えたスキンケアアイテムですので、40代に入って肌が敏感になったり乾燥したりといったことが気になるようになったら、ぜひ一度使ってみてください。

 

\口コミはこちらです/
↓  ↓  ↓

 
 

-スキンケア
-, , , , ,

Copyright© 40代 美容 健康 アイテム 口コミ    , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.