レチノール、という単語が最近じわじわと認知度を高めています。主にエイジングケアに用いられる成分の名称で、女性にとってはかなり魅力的な効果を持つものです。
ここではレチノールが一体どのようなものなのか詳細に説明しますので、アンチエイジングに興味があるという方はぜひチェックしてみてください。

レチノール効果副作用

 
 

レチノールについて

まずは、レチノールが何なのかというポイントをご説明します。
レチノールは、ビタミンAのひとつです。アンチエイジング化粧品には、パルミチン酸レチノール、酢酸レチノールという成分が配合されていますので、成分表示を見る際にチェックしてみるとレチノール化粧品かどうか判断できます。また、ビタミンA誘導体という名前でも知られています。

 
 

刺激が強い成分もある

レチノールの中には、レチノイン酸やレチナールというものもあり、それらはアメリカでは、シミ、ニキビなどの肌トラブルに効果を発揮する医薬品として認可されて多くの商品が発売されているのですが、強力な刺激を持つ成分でもあるため、日本では認められていません。
個人輸入サイトなどでレチノイン酸を見付けて購入したいと思っても、刺激が強いということを念頭に置いてください。
日本でレチノールを使用するためには、化粧品に配合されたものを取り入れるのが最も良い方法です。

 
 

正しいターンオーバーをレチノールで手に入れる

ターンオーバーは、私たちの肌にとって大切なものです。肌を生まれ変わらせ、肌トラブルもターンオーバーによって解決されます。しかし、年齢を重ねることや、紫外線ダメージを受けることによって、正しくターンオーバーが行われなくなることがあります。
それを元に戻す、という点でレチノールは活躍してくれます。
レチノールは、肌の角質内の細胞の入れ替わりを促して、シミの原因となるメラニン色素などを肌の外へと排出する働きをもっているため、くすんでいた肌色のトーンを上げたり、ニキビの跡を改善したりすることが期待できます。

 
 

ピーリング効果も持っている

スキンケアに気を配っている方の中には、週に1度のピーリングを行うという方もおられるのではないでしょうか。ピーリングをすることにより、古くなった角質を取り除き、毛穴に皮脂がたまってトラブルを引き起こすことを避けられるようになるのですが、レチノールにもこのピーリングの効果があると言われています。毛穴やニキビが気になる、という方にもレチノールはおすすめです。
しかし、ニキビにはいくつか種類があるというのをご存知でしょうか?皮脂が詰まったことによってできるニキビ、思春期のニキビにはレチノールの効果はないようですので、注意してください。

 
 

コラーゲンを作る手助けをする

コラーゲンやヒアルロン酸は、エイジングケアには欠かせない成分です。このふたつが失われると、シワやたるみができてしまいますので、若々しい肌のためにはどうにか維持していきたいものです。
コラーゲンやヒアルロン酸は、皮膚の中にある繊維芽細胞という名前の細胞から作りだされています。しかし、加齢とともにこの細胞の働きは鈍くなり、衰えてしまいます。そのため、肌表面のシワ、たるみが出てきやすくなってしまうのですが、レチノールが繊維芽細胞の動きを助けることで、コラーゲンが生みだされやすくなります。

 
 

レチノール配合の化粧品を選ぶ

レチノール化粧品を選ぶ際に注意して頂きたいポイントがありますので、レチノール化粧品を見に行く前に一度チェックしてみましょう。

レチノールに即効性はない

肌のターンオーバーは個人差もありますが、肌が今の状態から生まれ変わるためには1か月以上かかります。ですので、レチノールを使い始めて1週間で効果が見えた!ということはないと思ってください。
化粧品が肌に合っていれば、ターンオーバーが終わるたびに少しずつ効果が見えてくるはずですが、それでも理想的な肌になるためには数か月かかります。長ければ年単位で時間がかかるかもしれません。
ですので、レチノール配合の化粧品を長期間使うことになります。テクスチャは自分好みかどうか、香りはきつくないか、購入し続けられるお値段か、といった点に注意して選ぶと良いでしょう。

レチノール以外の美容成分は入っているか

レチノールは肌トラブルに絶大な効果を発揮しますが、スキンケアのためには保湿ケアも欠かせないものです。レチノールを主成分に、それ以外の美容成分が配合されいるかという点でも商品を見てみましょう。
保湿ケアに効果的なのは、セラミドやヒアルロン酸といったものですので、そういった成分がレチノールと一緒に配合されているアイテムを使うことで、肌トラブルを回避できる可能性が高まると思っても良いしょう。

大量摂取の副作用には注意

レチノールはビタミンAの一種です。このビタミンAは脂溶性ですので、水溶性であるビタミンCなどのように排尿によって体外に出て行くのではなく、脂に溶けるという特徴を持っています。そのため、過剰摂取を行うと頭痛、吐き気といった思わぬ副作用が出て来ることがあります。
適量を守り、正しく使用することを心掛けてください。

妊婦さんは使用を避けた方が良い

ビタミンAの過剰摂取による危険性については、胎児に対するリスクも指摘されています。
これは食べ物から摂取した場合に、奇形児になってしまうリスクのことを指しており、皮膚に塗った場合のことではありませんが、副作用や危険性が指摘されている成分であるということを忘れないようにしましょう。

濃度の高いレチノールには皮膚トラブルの報告も

濃度が高ければ高いほど効果に即効性がありそう、と思われるかもしれませんが、レチノールの濃度が高くなると、肌が赤くなる、ひりひりする、といった肌トラブルが出た報告も挙げられています。
これはピーリングの効果が高くなりすぎてしまうからだと考えられていますが、肌が弱い方、もともと薄い方は使用する前に一度パッチテストを行ってみるのをおすすめします。

紫外線ダメージを受けやすくなる

レチノールのピーリング効果によって、肌が一時的に紫外線ダメージを受けやすくなってしまうこともあります。真夏にレチノールを使う際はSPF値、PA値の高い日焼け止めを使って紫外線ダメージから肌を守ってください。また、紫外線の少なくなる冬期でも日焼け止め効果のある化粧品を使用するようにしてください。
日中の紫外線ダメージを気にされる場合は、レチノールを夜のスキンケアにだけ使うというのも良いでしょう。

乾燥しやすくなることもある

レチノールを使用した際、レチノイド反応と言って、アレルギー反応として乾燥しやすくなったりかゆみが出てしまったりすることがあるそうです。使用しているうちに肌がレチノールに慣れると症状は消えますので、1週間から2週間くらいの間は様子を見てみましょう。
個人の肌の強さによってレチノイド反応は異なりますが、症状が治まらない場合や目に見えて酷いという場合には迷わず使用を中止して、医療機関の診察を受けてください。

 
 

まとめ

肌トラブルやアンチエイジングのために効果を発揮するレチノールですが、同時に副作用が出てしまうという特徴もありますので、使用する際には注意して肌の様子を見ていきましょう。使用前にきちんとパッチテストしたり、不安があれば医療機関を受診するといったことでレチノールとうまく付き合って行けるはずです。