ニキビ跡を残さずきれいなお肌に!
ニキビ跡で悩んでしまったことはありませんか?
きれいに治そうと思っても跡になってしまい、なかなか治らないしどうしようと思ったことがある人は少なくないと思います。
そんな人たちのためにもニキビ跡がなぜできてしまうのかという原因と、ニキビ跡をきれいに治すための方法を紹介したいと思います。

ニキビ跡 治す 方法

 
 

ニキビ跡って?

ニキビ跡ができてしまう原因には「メラニン」という成分が深く関わっています。
しかしそれもニキビ跡の種類によって変わってきます。
ニキビ跡には何種類かのタイプがあり、タイプによって治し方にも多少違いが出てきます。
まずは自分の肌にできてしまったニキビ跡がどのタイプなのかを確認してみましょう。

赤いニキビ跡

炎症を起こすことによりできてしまうのが、赤色のニキビ跡です。時間がたつと自然に治ることが多いニキビ跡です。
なぜ赤くなっているのかというと毛細血管が集まることで赤みが増しているからです。炎症を起こした肌は、その傷口を回復させようと毛細血管が炎症部分に集結します。それによってほかの肌の部分よりも赤みが目立ってしまうのです。

茶のニキビ跡

茶色のニキビ跡はメラニンが深く関わっているニキビ跡です。メラニンがどれほど肌に浸透しているかによっても治る時間に差がであり、消せるか消せないかにも差が出てしまいます。メラノサイトという肌の表面のある成分の働きが増すことによって、メラニンも増やしてしまうことが原因です。

クレーター

クレーターはニキビ跡の中でも重い症状です。治療が遅れてしまうとその部分を完全に修復するのが難しくなってしまいます。
アクネ菌が増えすぎることによって、肌の表面を壊していき、菌の増殖も続いている状態です。炎症がさらに広がる前に少しでも早い対策が必要になります。

しこり

しこりとはニキビの跡が盛り上がった状態になってしまう状態です。コラーゲン繊維が必要以上にできることにより皮膚が盛り上がってしまいます。
きちんとニキビを完治させないと、同じ場所に何度もニキビができてしまいます。そして炎症を繰り返すことにより肌の奥底までダメージをあたえてしまうことになります。そして肌を元通りのきれいな状態にする働きも低下してしまうのです。ニキビができたらしっかりと治すことが大切です。

ケロイド

しこりのようにただ皮膚が盛り上がるだけでなく、赤みを帯びた状態で盛り上がるので目立ちやすいのがケロイドです。それぞれの肌質や体質によって差があります。
肌の表面だけでなく、奥底の肌機能がダメージを受けている状態なので、治すのにも多少時間がかかります。

 
 

メラニンが肌に与える影響

ニキビ跡の種類について分かったところで、次はメラニンについて理解していきましょう。
メラニンができてしまうと茶色く跡にのこってしまったりという色素沈着が起きます。
ではどのようにして色素沈着が起こるのかについて紹介したいと思います。

色素沈着になるまでの過程

肌のアクネ菌が増えることによって炎症が起こりますが、炎症が起こると活性酸素を作り出してアクネ菌を減らそうとする働きが起こります。
活性酸素が発生すると、メラニンも同時に増えます。それはなぜかというと、肌を活性酸素から守ろうと、多くのホルモンがメラノサイトに働きかけるからです。
メラニンの量が多すぎると肌にメラニンが吸収されてしまい、茶色くなったりする色素沈着となってしまうのです。ニキビ跡が色素沈着になってしまうのは、紫外線を受け肌にシミができてしまうのと同じ過程なのです。

 
 

色素沈着が起きてしまったら

もしも色素沈着で肌に跡が残ってしまったらどのように対処すればいいのでしょうか。ここではオススメのケア方法について紹介したいと思います。

ケア①ピーリング

ピーリングとは古い角質を取り除いて、肌のターンオーバーを正常にするという肌ケアのひとつです。このピーリングというケアを日常に取り入れることで美肌を目指すことができます。
肌のターンオーバーが悪いと色素沈着の原因にもなってしまいます。
ピーリングを行うとターンオーバーを正常に戻してくれるので、色素沈着を改善することができます。ピーリングには様々な種類がありますが、肌への刺激が比較的少なくおすすめなのが、AHAのフルーツ酸のピーリングです。AHAのピーリングは天然由来の成分を使用しているので低刺激ですが、BHAのピーリングは強い化学成分を使用しているのでお勧めはできません。市販で売られているのはAHAのものが多いですが、念のため含まれている成分を確認するようにしましょう。
またあまり頻繁にピーリングを行うのも、肌にはよくありません。週に1回などのペースで使うようにしましょう。

ケア②美白化粧品

いちばん身近で取り入れやすいケア方法です。
美白成分が含まれている化粧品は、薬局などでも多くの種類が売られています。
普段使っている肌ケア商品を美白成分が豊富なものに変えることによって、色素沈着を薄くすることができます。美白に最も効果的なのがビタミンC誘導体です。
ビタミンCをそのまま化粧品に配合することは、働きを低下させてしまったりとなかなか難しいです。それに比べてビタミンC誘導体は、効果をしっかり維持したまま化粧品に配合することができるのでオススメなのです。

ケア③クリニック治療

自分でケアをしてもなかなか色素沈着を改善させることができない、という方はクリニック治療を試してみましょう。クリニックでの治療には光やレーザーを使用して色素沈着を薄くする方法があります。そのほかにも美白に効果的な薬であるハイドロキシンを処方される場合もありますが、肌への負担や刺激も大きいので医師との話し合いをしっかりするようにしましょう。

 
 

メラニンを防ぐためには?

ニキビ跡を残さないためにはまずは、メラニンを増やさないように対策することが大切です。日常生活で様々なことに気を付ければメラニンが増えるのを防いで、ニキビ跡も防止することができます。では具体的に何をすればいいのか、確認してみましょう。

ビタミンをしっかりとる

ビタミンをしっかり補給するのはニキビ跡を防ぐのにはとても重要なことです。特にビタミンCを意識的に取り入れるようにしましょう。
ビタミンCは1日に100mg摂取するのが理想的といわれていますが、それだけでは色素沈着を改善するのには不十分です。300~1000mgほどのビタミンCを摂取すると色素沈着に効果を発揮してくれるでしょう。
しかし普段の食事からそれだけのビタミンCを摂取しようとしてもなかなか難しいです。おすすめはサプリメントから摂取する方法です。サプリメントは手軽にビタミンCを摂取することができます。また化粧品もビタミンCを配合してあるものを使用することでより効果を高めることができます。

日焼け対策はしっかりと

メラニンを増やす要因のひとつが紫外線です。ニキビができてしまっている肌だとより紫外線の影響を受けやすいです。
夏場のみ日焼け止めを使用する人も多いと思いますが、春や秋も紫外線は非常に多いです。強い日差しを感じやすい夏以外にも、外出する際には日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。
夏は汗で日焼け止めが落ちてしまうことが多いので、数時間おきに日焼け止めを塗りなおすようにしましょう。

 
 

日ごろのケアに気を遣おう

肌にニキビ跡ができてしまうと、人と会話をしているときでも気になってしまったり、気持ちが塞ぎがちになってしまうこともあります。ニキビ跡のないきれいな肌を手に入れれば、気持ち的にも明るくなるので、今回紹介したことを参考にメラニンを防いで、ニキビ跡とはオサラバしましょう!